オンラインセミナー概要

「資金調達は、一度失敗すると後戻りができない」と言われる通り、ファイナンスについては、経営陣が理解しておくべき必須の条件です。

しかし、会社にとっての重要な論点である資金調達について、ざっくばらんに相談できる相手はなかなかいません。

資本政策はセンシティブなので信頼できる相手にしか相談できない一方で、ステークホルダーなどの利害関係者に相談してしまうと、バイアスがかかったアドバイスになってしまう可能性もあります。


このセミナーでは、外資系投資銀行のゴールドマン・サックス証券出身の金融のプロフェッショナルや、上場準備責任者として上場を指揮した経験のある上場企業の現役CFO、またベンチャーファイナンスに経験豊富なソフトバンクの最年少執行役員など、一流の「シェアリングCFO」をお招きし、資金調達時の注意点や体験談をインタラクティブに共有していただき、ざっくばらんにあらゆる質問や相談が可能です。

また、事前希望者のうち抽選で、セミナー後のプロCFOとのマンツーマンでの無料個別相談の機会も設けております。

資本政策にお悩みの経営者様は、ぜひ奮ってご参加ください!!

こんな方におすすめ

  • ベンチャーの経営者で、株式での資金調達を今後考えている・もしくは資金調達中の方
  • CFOや顧問等をしていて、資金調達や投資契約等について、実体験に基づいた考え方や論点・注意点を知りたい方
  • 登壇者であるベテランの起業家・経営者・CFOの話を聞きたい・またはネットワークを築きたい方

タイムライン

13:00 オープニング


13:10 CFOによるパネルディスカッション


14:10 質疑応答


14:30 クロージング


※以下個別相談会の当選者さま限定【事前希望者が多い場合、メールにて抽選結果をお知らせします】

14:30 CFOとマンツーマンの30分個別相談会


15:00 クロージング


(※なお、より深い理解に繋がるよう、適宜ご質問をいただきながら進行するため、内容は予定と多少異なる場合がございます)

SCHEDULE

開催日程

12/1(火) 13:00-15:00

※ご予定の合わない方は、弊社主催、毎月開催の「ストックオプション勉強会」へ是非お申し込み下さい

INSTRUCTOR

登壇者紹介

相原 滋樹 氏
ゴールドマン・サックス証券会社にて引受業務、金融商品開発業務、日本法人財務部長を経て、2002年同社アジアパシフィック担当財務責任者に日本人として初めて就任。同社グループCFOのもとで全社ファイナンス戦略の策定、実行に従事する。
2011年ジュピター・キャピタル・マネジメント株式会社(当時)を設立。投資顧問会社代表取締役、スタートアップ企業代表取締役、地方企業社外取締役を歴任。RIZAPグループ株式会社財務戦略担当コンサルティングに従事し、2018年株式会社ウイルグループ執行役員CFOに就任。 その他、株式会社ビーロットとの業務提携、新潟アルビレックス BB、City Football Group及び株式会社アールティのサポート等に従事。2020年ジュピター・アンド・カンパニー株式会社に変更。慶應義塾大学卒。

松林 篤樹 氏
大学卒業後、総合商社に入社、財務部に配属されるも、景気後退により経営破綻。破綻処理後、公認会計士となり、監査、IPO、財務アドバイザリー等を通じ、数々の企業成長を支援するとともに、企業買収や不正調査といった非公開業務も担当。
デジタルリスクの検知に特化したデータ分析を行う株式会社エルテスと出会い、事業会社へ復帰。2014年より取締役。電通、NTT、産業革新機構などから協力を得て、事業を推進。株式公開を通じた事業成長に取り組み、マザーズに上場。経営企画、コーポレートデザイン、資金調達、資本業務提携、CVC運営やM&A等、経営管理から事業推進に至るまで、組織コンディション全般を担当。
1969年生まれ。青山学院大学卒。公認会計士。

室木 達哉 氏
大学卒業後、C&WIDC(現IDCフロンティア)に入社後、インターネット並びにデータセンター営業に携わる。25歳で京都の家業再生の為に60億円借入金を背負い3年間で40億円弁済。その後、外資系企業再生コンサルティングファームにて投資ファンドと兼務して業務遂行を推進。業務領域としては上場企業の部門改革、工場や開発部門の原価低減、生産性向上PJ。プレパッケージ型民事再生法、事業再生ADR等の法的再生。ファンドのM&A案件でPMI(ポストマージャ―インテグレーション、企業買収後の100日計画立案と遂行)を経験。ソフトバンク株式会社(現ソフトバンクグループ株式会社)財務部関連事業部にて、M&A、企業再生、日本PayPal立ち上げ、ファンド設立、子会社CFO(YJカード、テレニシ株式会社)を歴任。アレテコホールディングス取締役CFO、その他2社社外取締役として従事。1976年生まれ。同志社大学卒。

モデレーター SOICO株式会社 共同創業者&取締役COO 土岐 彩花(どきあやか)

 

慶應義塾大学在学中に19歳で起業し、2社のベンチャー創業を経験。大学在学中に米国UCバークレー校(Haas School of Business, University of California, Berkeley)に留学し、経営学、マーケティング、会計、コンピュータ・サイエンスを履修。新卒でゴールドマン・サックス証券の投資銀行本部に就職し、IPO含む事業会社の資金調達アドバイザリー業務・引受業務に従事。2018年よりSOICO株式会社の取締役COOに就任。

FORM

お申し込みフォーム