COLUMN

コラム

1.起業家/投資家の語る”コロナ対策”の現状とは?【Tokyo Venture Conference2020|書き起こし】

この記事は、2020年6月24日にオンライン開催されたイベント『Tokyo Venture Conference2020』の書き起こし記事です。

▼イベント概要
主催:U30 CXO COMMUNITY運営事務局
日時:6/24(水) 11:50〜21:00 会場B 14:00-15:00
URL:https://peatix.com/event/1518881

(スピーカー)
中村壮秀氏:アライドアーキテクツ株式会社 代表取締役
飛鳥貴雄氏:株式会社ピアラ CEO
宮崎善輝氏:株式会社ボグダン 代表取締役
北尾崇氏:CyberAgent Capital 投資家

 (モデレーター)
土岐彩花:SOICO株式会社 取締役COO

・続きを読みたい方はこちら

2.【書き起こし】Tokyo Venture Conference2020【コロナ禍の経営の優先度の変化】

3.【書き起こし】Tokyo Venture Conference2020【2021-2022年の経営方針】

本イベントについて

各業界の上場企業経営層や著名人をお呼びし、コロナ対策やAIやブロックチェーンなどのテクノロジーに関する内容や資金調達やオープンイノベーションについてなど、各業界の経営層の方々がディスカッションをするイベントです。

また、新型コロナウイルスに関する時事テーマについても触れ、afterコロナを生き抜くための情報を共有し合い、登壇者や視聴者が考え、助け合うことを目的としています。

<イベント概要>
主催:U30 CXO COMMUNITY運営事務局
日時:6/24(水) 11:50〜21:00
URL:https://peatix.com/event/1518881

14:00-15:00回のパネリストとして、中村壮秀氏(アライドアーキテクツ株式会社 代表取締役)、飛鳥貴雄氏(株式会社ピアラ CEO)、宮崎善輝氏(株式会社ボグダン 代表取締役)、北尾崇氏(CyberAgent Capital 投資家)にご登壇いただき、弊社取締役COO土岐がモデレーターを務めさせていただきました。

大テーマとしては「コロナ対策」を扱い、各企業の経営者のコロナショックに対しての取り組みについてお話しいただきました。

登壇者の紹介

皆様、本日はご参加いただき誠にありがとうございます。それでは早速、本日のパネリストの紹介に入らせていただきます。 まずは中村さんからよろしくお願い致します。

アライドアーキテクツ株式会社代表取締役CEO 中村壮秀氏

中村さん(以下、中村):アライドアーキテクツの中村と申します。

1997年住友商事入社し、当時は主にリテールのビジネスを担当していました。

まさにそのころインターネット産業が盛り上がってきた時で、いてもたってもいられなくなり、インターネットの仕事がしたいと思い、ゴルフダイジェストオンラインという会社の設立に携わりました。

その後ソーシャルメディアの登場により、「これはマーケティングが変わるぞ」と考え、2005年アライドアーキテクツを創業しました。

今グループで200名強の社員が在籍しております。事業の中心は日本ではありますが、ベトナムやシンガポール、UK(イギリス)US(アメリカ)にも会社があります。

基本的には「マーケティング×テクノロジー」の事業を行っており、国内の企業様向けのサービスとしてはソリューション事業とSaaS事業を提供し、マーケティングをより良くしていくビジネスを展開しています。

他にも欧米企業向けに広告制作をクラウドソーシングとソフトウェアで行うような事業もやってます。

以上です、よろしくお願いします。

株式会社ピアラグループCEO 飛鳥貴雄氏

飛鳥さん(以下、飛鳥):初めまして、株式会社ピアラの飛鳥と申します。

大学卒業後、外資系アパレル企業で直営店のマーケティングの展開と通販の立ち上げを行なっていました。

その後2004年に株式会社ピアラを立ち上げまして、もう17期目になりました。

通販に関してはその前からやっているので20年目ぐらいになります。

主な事業としてはビューティー・ヘルスケア・食品に特化したマーケティング支援を行っており、中国・台湾・タイ・ベトナムなどの海外ECも越境でやってます。

私たちの特徴としては、手数料ではなく成功報酬型をとっており、「結果にコミットするマーケティングカンパニー」として2018年に上場させていただきました。

通販全般をコンサルしながらテクノロジーを活用し問題解決しているのですが、ビューティー&ヘルスケア、食品に特化した理由としては、我々は悩みを軸にデータとロジックをもっているからです。

「血圧を下げたい 」「しわ減らしたい」など、 基本的に人間の欲求はあまり変わらないので、こうした”変数の少ない データ”というのは過去の事例が使いやすいのです。

例えば、「しみやしわに効く化粧品でこのくらいの価格帯だったら、どんなプロモーションを打てば効果的か」「YahooやGoogleの設定はどんな感じにして、クリエイティブはどのようなものを当てれば成功したか」など、 過去の事例を類似応用することでKPIを保証しています。

これまで650社ほどお手伝いしており、 KPI保証サービスについては95%以上継続しているので、今はストックビジネスのように変えていっているところです。

株式会社ボグダン代表取締役 宮崎善輝氏

宮崎さん(以下、宮崎):ボグダンの宮崎と申します。

私のキャリアとしましては、 一社目二社目についてはコンサルの会社で、その後ベンチャーに転職しました。

直近のキャリアとしては、BtoBのSaaSビジネスを提供している会社のミドル・レイターステージから役員として入り、一緒に上場を目指して頑張っていくというようなことをやってます。

そのような中でIPO前後の企業の課題感や改善できるなと思うポイントが多く見られ、もっと広く提供していくべきだなと思い、今年からボグダンという会社をはじめました。

IPOを目指す企業はやらなければならないことが非常に多いのですが、IPOを目指すにあたって事業成長をはじめ審査対応まで様々な局面でのお手伝いをさせて頂いている他、エクイティ投資もやらせていただいています。

本日はよろしくお願いします。

サイバーエージェントキャピタル 北尾崇氏

北尾さん(以下、北尾):サイバーエージェントキャピタル(CVC)の北尾です。

私は元々、空気中のウイルスを除菌するような事業をメキシコでやってたのですが、その事業を譲渡したあと、現在のVCの事業をやってます。

今は主にシード・アーリーのインターネット企業に投資しており、例えば最近CMをやってるタイミー、POLなども投資先です。

またマンスリーピッチという形で、オンラインで投資家や起業家に登壇いただくピッチイベントを運営しています。

割とハンズオン(社長や社外取締役などを派遣し、経営に深く関与する投資スタイル)の形で出資させていただくことが多いのですが、日本だけでなくグローバル投資も行ってます。

今日はよろしくお願いします!

soico株式会社 取締役COO土岐彩花

土岐:以上がパネラーの方のご紹介になりますが、私からも簡単に自己紹介させていただければと思います。

土岐と申しまして、soico株式会社の取締役COOをやっております。

元々は学生起業をしており、起業が好き、ベンチャーが好きです。

また、学生時代にはシリコンバレーにも留学し、UCバークレー大学のハースというビジネススクールにいました。当時はかの有名なピーターティール氏が講演に来たりなど、刺激の多い学生生活を送っていました。

その後、ファイナンスの知識が足りないと思い、ゴールドマンサックスの投資銀行本部に入社しました。

私自身、起業した時に資本政策面で失敗したことがあり、具体的には共同創業者と株を等分したり、エンジェル投資家に株を大量に渡してしまったりしました。

このように資本政策の難しさを自分自身で感じており、その経験から資本政策で悩んだりする経営者の方をサポートできるような事業ができればと思い、2018年にsoico株式会社を共同創業しました。

soicoはベンチャー企業の資本政策をサポートをしている会社で、具体的には3つの事業を提供しています。①ストックオプションの設計・導入のコンサルティング②上場企業向けの株式報酬制度のコンサルティングサービスである「株式報酬制度パッケージ」③CFO副業人材のマッチングプラットフォームの「シェアリングCFO」を提供しています。

・本編の続きはこちらからご覧いただけます。以下の記事ではコロナ禍での経営の優先度について、各経営者の方の考えをご紹介しております。

2.【書き起こし】Tokyo Venture Conference2020【コロナ禍の経営の優先度の変化】