NEWS&
TOPICS

ニュース&トピックス

NEWS

【セミナー登壇】『Tokyo Venture Conference 2020』に取締役COO土岐彩花がモデレーターとして登壇しました!

SOICO株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:茅原淳一、以下「SOICO」)の取締役COO土岐彩花は、2020年6月24日(水)開催の「Tokyo Venture Conference 2020」にモデレーターとして登壇しました。

■Tokyo Venture Conference 2020とは?

各業界の上場企業経営層や著名人をお呼びし、コロナ対策やAIやブロックチェーンなどのテクノロジーに関する内容や資金調達やオープンイノベーションについてなど、各業界の経営層の方々がディスカッションをするイベントです。また、新型コロナウイルスに関する時事テーマについても触れ、afterコロナを生き抜くための情報を共有し合い、登壇者や視聴者が考え、助け合うことを目的としたイベントとなっております。

<イベント概要>
主催:U30 CXO COMMUNITY運営事務局
日時:6/24(水) 11:50〜21:00
URL:https://peatix.com/event/1518881

■今回の登壇に関して

14:00-15:00回のパネリストとして、中村壮秀氏(アライドアーキテクツ株式会社 代表取締役)、飛鳥貴雄氏(株式会社ピアラ CEO)、宮崎善輝氏(株式会社ボグダン 代表取締役)、北尾崇氏(CyberAgent Capital 投資家)にご登壇いただき、弊社取締役COO土岐がモデレーターを務めさせていただきました。

大テーマとしては「コロナ対策」を扱い、各企業の経営者のコロナショックに対しての取り組みについてお話しいただきました。

最前線で活躍されている経営者の方々のコロナショックに対する現在の取り組み、および今後の経営戦略についてのお話は大変有意義な内容でした。

<アジェンダ1:経営における優先順位の変化>
コロナショックにより、経営の優先順位がどのように変化したのかという話題に対してお話しいただきました。各パネリストの方に共通していたのは「キャッシュフローを意識しコストカットに積極的になった」「DX投資を一層進めるようになった」の2点でした。

<アジェンダ2:リモートワーク移行後のコミュニケーションやマネジメント方法の変化>
リモートワークへの移行により働き方に変化が生じ、BtoBの営業スタイルの変化、また社内コミュニケーションやマネジメントの行ない方について語っていただきました。

BtoB営業については「Web経由の問い合わせ数が増加しリード獲得に繋がった」「オンラインツールを駆使した結果、対面で会わずも受注に繋がった」などの変化がありました。

一方、社内コミュニケーションについては「具体的な仕事(処理業務、書類作成など)は捗る一方、抽象的な仕事(経営、プロジェクトマネジメントなど)はオンラインのみだと難しい」「出社とリモート勤務を混ぜながらのスタイルを試しているがまだ様子見段階」など、課題もあることをお話しいただきました。

<アジェンダ3:2021-2022年の経営方針>
2021-2022年のwithコロナ下、afterコロナ下においての経営方針についてお話しいただきました。

「キャッシュフローを意識した経営をする」「オンライン化されていない領域を狙ってサービス化を進める」「BtoBはプロダクト力の磨き込み、BtoCは少数でも良いのでアクティブ率が高いことが重要」など、”攻め”と”守り”のバランスを意識しながら経営していく旨をお話しいただきました。

<アジェンダ4:資金調達の状況の変化>
コロナショックの影響で、資金調達の状況はどのように変化したのかについてお話しいただきました。

「シード・アーリー向けVCはそれほど影響なく通常通り投資を続けている」「ミドル・レイター向けVCは組織や文化の感覚をオンラインだと感じにくく、意思決定までの時間がやや長くなっている」「これまでは企業のトラクション(成長)を専ら見ていたVCが、プロダクトの価値や企業の強みなども注視するような変化が起きている」など、最新のVCによる資金調達事情について詳しく語っていただきました。



■会社紹介

「SOICO株式会社」

SOICOは、『資本政策で悩むスタートアップを減らし、全ての人がチャレンジしやすい世界を作る』を理念に、「タイムカプセル ストックオプション®」や「シェアリングCFO®」、「株式報酬制度パッケージ®」など、スタートアップの悩みを、ファイナンスやテクノロジーの力を使って解決する事業を展開しています。

「タイムカプセル ストックオプション®」事業では、ストックオプションを信託に一定期間保管することで、従来のストックオプションの問題点を解決する、新しいインセンティブスキームのコンサルティング事業を行っています。信託を活用したストックオプションの場合、従来のストックオプションと異なり、割当先や付与比率を後で決めることができるため、実際に役職員のパフォーマンスを見てから、実態に基づいて付与することができます。

「シェアリングCFO®」事業は、スタートアップにおける、『CFOをフルタイムで採用するのはコストがかかる』『CFO業務がまだ曖昧かつ限定的』『最適なCFOが転職マーケットにいない』といった悩みを解決する人材サービスです。それぞれの企業のフェーズにあったスキルを持つプロフェッショナルなCFO候補を、必要な時に必要な業務だけ、初期費用0円で依頼できるマッチングプラットフォームです。

「株式報酬制度パッケージ®」事業は、上場企業向けに株式報酬の比較検討や制度設計、導入支援を行うコンサルティングサービスです。株式報酬制度の選定に悩まれている企業様や、せっかく導入しても自社に適した制度設計・条件設定になっておらず、上手く機能していない企業様向けに、各制度のメリット・デメリットを比較検討し、最適な制度設計を行います。

<概要>
会社名:SOICO株式会社
代表:代表取締役CEO 茅原淳一
所在地:東京都港区麻布十番1丁目7-3
資本金:3300万円
設立:2018年1月29日
URL:https://www.soico.jp/

<問い合わせ>
メール:https://www.soico.jp/contact/
TEL:03-4400-7639(コーポレート 大門 弘和)

ニュース一覧へ戻る

アーカイブ

カテゴリー