NEWS&
TOPICS

ニュース&トピックス

EVENT

【セミナー報告】SOICOが東急不動産ホールディングス向けに、社内起業セミナーを開催いたしました

スタートアップ企業の資本政策における課題を解決する、SOICO株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:茅原 淳一、以下「SOICO」)は、東急不動産ホールディングス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:西川 弘典、以下「東急不動産 HD」)が行う社内ベンチャープロジェクトの参加者向けに社内ベンチャーの立ち上げ方に関する、「イントレプレナーセミナー」を開催いたしましたので報告いたします。具体的な事例や事業計画表のひな形を使用することで、参加者が本質的に理解し、実践できる手法についてお伝えしました。

なぜ、社内ベンチャー制度が必要なのか?

社内ベンチャー制度とは、社員が企業に所属しながら、会社のリソースをフル活用して、新規事業を始めることができる制度のことです。「大企業病」と言われている、意思決定の遅延、責任逃れの連続、冒険意識の浅薄さといった非効率な組織体制を打開し、イノベーティブな事業の創出を目的とし、近年数多くの大手企業で活用されています。

セミナー概要

公認会計士・外資系投資銀行・ベンチャー企業での財務責任者の経験を持つ、代表取締役CEO 茅原 淳一外資系投資銀行・自身での起業経験を持つ取締役COO土岐 彩花が登壇いたしました。

SOICOがスタートアップ企業の立ち上げに対するコンサルティングを数多く手がけてきた経験をもとに、新規事業の立ち上げに関する重要な下記の2点に関して講義を行いました。

1. 社内ベンチャーを成功させるために必要な事業計画表の作成について
2. 経営者が抑えておくべき、資金調達のプロセスや持ち株比率関する資本政策についての講義

参加者の声

新型コロナウイルスの影響で、オンライン形式での開催となりました。しかし、インタラクティブなセミナーであったため、参加者が事業計画表の理解を深められる、わかりやすく実践的なセミナーだったという声を数多くいただきました。

・正しいKPIの設定について知ることができ、今後利用していきたいと思う。
・事業計画表を入念に作ることが、事業を成功に導く近道であるということを感じました。
・講義が参加者の理解度を確認しながら進めるため、非常にわかりやすかった。
・質疑応答の時間が十分に設けられ、わからない点をその場でクリアにできたのが、とても良かった。

セミナーの主な内容

※全参加者がオンラインで参加し、セミナー専用の部屋で配信を行うなど、必要な新型コロナウイルス感染症対策を講じたうえで、実施しております。

①事業計画表の作成について

「事業計画表の作成って本当に必要?」
「計画を作成しても計画通りに進まないから意味ないのでは?」など

事業計画表に関する多くの誤解があります。まずは事業計画表の重要性を説明し、そして実際に絶対に失敗しない事業計画表の作成のコツに関してもレクチャーしました。

絶対に失敗しない、事業計画表作成プロセスについて
具体的に、ビジネスモデルを定量化する手法

②資本政策表の作成について

社内ベンチャーではありますが、経営者が抑えておくべき、資本政策について講義いたしました。具体的には、資金調達の計画を事前に定量化することや、持ち株比率など実践的な論点にフォーカスしました。

資本政策表の作成の全体像
実際にExcelを使用した、シミュレーション
ストックオプションの有効な活用方法について

今後について

次回はワークショップ形式で、今回の講義を踏まえて、社内起業家自身で自らの事業の事業計画表を事前に作成します。そして、事前に作成してきた事業計画表に対して、SOICOが数値の裏付けのサポートや個別の課題に対してアドバイスをすることで、よりブラッシュアップします。

また、ワークショップの最後には、チームごとに2回に渡る講義とワークショップを踏まえて成長した点や今後改善していく点についてスピーチを行います。各起業家が自身の学びを振り返る機会を作ることで、能動的に参加者が取り組める形式を予定しています。

今後もSOICOでは、社内ベンチャーの立ち上げに向けて、参加者が本質的に内容を理解し、本当に実践できるイベントなどを積極的に開催していく予定です。社内ベンチャー制度をご検討の方、現在の社内ベンチャー制度の改善にお悩みの方は、是非お気軽にお問合せください。

会社案内

「SOICO株式会社」

SOICOは、『Equity Tech(エクイティ・テック)のチカラで企業をさらに強くする』を理念に、「タイムカプセル ストックオプション®」や「シェアリングCFO®」や「株式報酬制度パッケージ®」など、資本政策の問題を、ファイナンスとテクノロジーの力を駆使して解決する事業を展開しています。

「タイムカプセル ストックオプション®」事業では、ストックオプションを信託に一定期間保管することで、従来のストックオプションの問題点を解決する、新しいインセンティブスキームのコンサルティング事業を行っています。信託を活用したストックオプションの場合、従来のストックオプションと異なり、割当先や付与比率を後で決めることができるため、実際に役職員のパフォーマンスを見てから、実態に基づいて付与することができます。

「シェアリングCFO®」事業は、スタートアップにおける、『CFOをフルタイムで採用するのはコストがかかる』『CFO業務がまだ曖昧かつ限定的』『最適なCFOが転職マーケットにいない』といった悩みを解決する人材サービスです。それぞれの企業のフェーズにあったスキルを持つプロフェッショナルなCFO候補を、必要な時に必要な業務だけ、初期費用0円で依頼できるマッチングプラットフォームです。

「株式報酬制度パッケージ®」事業は、上場企業向けに株式報酬の比較検討や制度設計、導入支援を行うサービスです。優秀な人材の採用、在籍中の従業員・役員の中長期に渡るモチベーション向上に貢献し、上場企業の更なる成長をサポート致します。複数の株式報酬制度の組み合わせ導入や中長期的な戦略を考慮した複合的な設計、さらに各部署・業種・職種に合った達成条件の設定もご提案可能です。

<概要>
会社名:SOICO株式会社
代表:代表取締役CEO 茅原淳一
所在地:東京都港区麻布十番1丁目7-3
資本金:3300万円
設立:2018年1月29日
URL:https://www.soico.jp/

<問い合わせ>
メール:https://www.soico.jp/contact/
TEL:03-4400-7639(コーポレート 大門 弘和)

ニュース一覧へ戻る

アーカイブ

カテゴリー