「後から入った」優秀な社員を“公平に”評価できる信託型ストックオプション「後から入った」優秀な社員を“公平に”評価できる信託型ストックオプション

「後から入った」優秀な社員を
“公平に”評価できる
信託型ストックオプション

専属コンサルタントが貴社にあった
ストックオプションをオーダーメイド設計いたします

導入事例

数多くの企業様に
導入していただいております

  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業
  • 導入企業

こんなお悩み
ありませんか?

  • 「年収を出せず」優秀な社員を
    採用しにくい
  • 「評価に不満を持つ」優秀な社員が
    辞めていく
  • 「後から入った」優秀な社員には、
    リターンを渡しにくい


「信託型ストックオプション」なら
その課題、解決できます!

無料相談を申し込む

信託型SOで課題を
解決できる理由

  • 後から渡せる唯一の
    ストックオプション

    後から渡せる唯一のストックオプション

    後から渡せる唯一の
    ストックオプション

    信託型SOは、有償SO・無償SOよりも付与対象者のキャピタルゲインが大きくなる設計になることが大半であり、莫大な金銭的メリットを採用タイミングによらず採用予定者に約束することができる。

  • 後から入った優秀な社員にも
    良い待遇で迎えられる

    後から入った優秀な社員にも良い待遇で迎えられる

    後から入った優秀な社員にも
    良い待遇で迎えられる

    信託型SOであれば、従業員のパフォーマンスに応じて一定のルールに基づき付与するため、初期メンバーでも後から入ったメンバーでも公平・公正な評価をもとにインセンティブを渡すことができます。

  • 社外協力者の
    コミットメントを引き出す

    社外協力者のコミットメントを引き出す

    社外協力者の
    コミットメントを引き出す

    信託型SOは、社外協力者の経済的負担なしで付与することが可能です。また、パフォーマンスに応じて継続的に付与判断が可能なのでコミットメントを引き出すには最適の制度です。

新規上場企業のうち、
信託型ストックオプションを
採用している企業は
ここ3年で7倍に!

新規上場企業のうち信託型ストックオプションを採用している企業の数

自社にマッチした発行方法を
知りたい方へ

無料相談を申し込む

SOICOが
選ばれる理由

  • No.1

    コンサルタントが
    専 属

  • No.2

    リーズナブルな
    価 格

  • No.3

    オーダーメイド
    設 計

  • No.1

    専属コンサルタントが
    一気通貫サポート

    専属コンサルタントが一気通貫サポート
    ストックオプションを運用する際、最も高い壁は、従業員の皆様のストックオプションへの理解です。
    弊社は、従業員の皆さま向けの資料やストックオプションに関するセミナーを多数実施しており、時には会社にお伺いして直接ストックオプションに関する勉強会も実施しております。
  • No.2

    価格がリーズナブル

    価格がリーズナブル
    資金が潤沢ではないベンチャー企業でもなるべく負担が低く、導入しやすい料金プランを実施している唯一の会社です。設計によっては他社の半額になる場合もございます。
  • No.3

    従業員のモチベーションを
    上げる
    オーダーメイド設計

    従業員のモチベーションを上げるオーダーメイド設計
    SOICOは、公認会計士、外資系投資銀行出身など資本政策のプロフェッショナル集団です。他社では中々検討できない複雑なスキームについてもオーダーメイドで設計可能です。是非一度ご相談ください。

ご利用の流れ

  • 無料相談への申し込み
  • ご状況やご希望をヒアリング
  • スキーム全体に係る資金等の試算
  • 信託SOの設計
  • 必要な資料の作成のサポート
  • SOの発行に必要な会社法上の手続きの実施
  • 継続的な運用のサポート

FAQ

  • 信託型ストックオプションを導入すると上場できないとは本当でしょうか?

    信託を活用したスキームを未上場段階で導入し、IPOした事例は2022年2月時点で30社以上あります。大手監査法人・大手証券会社にも確認済みになりますが、信託を活用したストックオプションスキームを導入していることが理由で、IPOができなくなるという事実はありません。

  • 信託型ストックオプションのデメリットは何ですか?

    信託で有償ストックオプションを引き受けるにあたり、委託者による金銭の信託が必要となります。有償ストックオプションの発行価額が高い場合、委託者による金銭負担が過度に大きくなり、スキームを構築することができない場合があります。

  • 信託型ストックオプションは特定の方が特許を持っており、
    他の会社では自由に使うことができないと聞きましたが本当でしょうか?

    信託を活用したスキームについて、ビジネス特許が特定の方に取得されているという事実はありません。信託を活用したストックオプションスキームをやることに、特許等の制限で実施できないということはありません。

  • 信託型のストックオプションの
    設計フィーはいくらでしょうか?

    弊社では、未上場企業の場合、500~600万で承っております。

    まずは無料相談会に
    ご参加ください

    下記フォームへ必要事項をご記入の上、
    送信ください。

    *は必須項目です。
    会社名*
    お名前*
    お電話番号*
    メールアドレス*
    役職*
    お問合せ内容

    プライバシーポリシーに同意の上、送信ください。

    フォーム送信完了後、
    日程を確認させていただくメールが届きます。