DOWNLOAD

《無料》資料ダウンロード


『資金調達のカンフル剤』をDLすることができます。


シェアリングCFO®についてはこちらをご覧ください

下記フォームに必要項目入力後、ダウンロードした各資料を閲覧するためのパスワードをメールにて自動送付します。
メールアドレスのお間違えにお気をつけください。

    お名前必須

    会社名必須

    役職名必須

    お電話番号必須

    メールアドレス必須

    利用目的必須

    個人情報の取り扱い

    本規約は、SOICO株式会社がSOICO株式会社Webページにおいて提供する情報サービスを利用される方すべて(以下、「ユーザー」)について、サービスの利用を開始した時点で適用されます。

    1. 免責事項

      SOICO株式会社Webページにより提供される契約書雛形、その他書面の雛形等(以下、「コンテンツ」)が適法・正確・適時であること、ユーザーの需要に適合することについて、ユーザーに対し何ら保証するものではなく、ユーザーがコンテンツを利用したことにより被った損害について一切責任は負いません。

    2. 禁止事項

      SOICO株式会社Webページにおいて、ユーザーが次の事項に該当する、もしくはその恐れのある行為を行うことを禁止します。
      ① SOICO株式会社を装いまたは詐称する行為
      ② コンテンツの自社利用を超えた営利活動またはその準備を目的とした行為
      ③ SOICO株式会社の著作権を侵害する行為
      ④ その他、法令・公序良俗に反する行為

    3. 著作権等

      (1)  コンテンツに関する著作権および商標権その他知的財産権は、すべてSOICO株式会社に帰属し、また、個々のコンテンツの集合体としてのSOICO株式会社Webページに関する著作権および商標権その他知的財産権についても、SOICO株式会社に帰属します。
      (2)  ユーザーは、コンテンツの全部又は一部を、SOICO株式会社の事前の承諾なしに、転載、複製、出版、放送、公衆送信等その他著作権等を侵害する行為を、自ら行うことはできず、また第三者に行わせることはできません。

    4. 規約違反

      SOICO株式会社は、ユーザーが本規約等に違反した場合には、当該ユーザーに対し、当該違反行為によって当該ユーザーが得た利益相当額またはSOICO株式会社が被った損害額のうちいずれか大きい金額を請求することができるものとします。

    5. リンクについて

      ユーザーは、下記の場合を除き、SOICO株式会社Webページへのリンクを自由に行うことができます。 下記に該当する場合は、リンクをお断りする場合があります。
      ① 営利を目的としたものである場合
      ② SOICO株式会社の設立目的、企業理念またはイメージ等に合わない場合
      ③ SOICO株式会社に経済的損失が生じると考えられる場合
      ④ SOICO株式会社のページへのリンクである旨を表示しない場合
      ⑤ その他SOICO株式会社Webページの運営に支障を来す恐れがあるとSOICO株式会社が判断した場合

    6. 規約の変更

      SOICO株式会社は、ユーザーに事前に通知することなく、またその事前の承諾を得ることなく、本規約等を変更できるものとします。本規約等変更後に、ユーザーがSOICO株式会社Webページを利用したことにより、変更後の本規約等の内容を承諾したものとみなします。

    7. プライバシーの考え方

      SOICO株式会社がSOICO株式会社Webページを通じて取得したユーザーの個人情報およびサービスの利用状況に関する情報については、SOICO株式会社が規定するプライバシーポリシーおよび個人情報保護法等法令の規定に準拠して取り扱うものとします。

    8. 準拠法および管轄裁判所

      当ウェブサイトおよび「利用規定」の解釈および適用は、日本国法に準拠します。 また、当ウェブサイトに関わる全ての紛争については、他に別段の定めのない限り、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

    9. お問い合わせ

      コンテンツの内容、SOICO株式会社についてご意見・ご質問などがある場合は、consultant@soico.jpまでメールにてご連絡下さい。




    シェアリングCFO®に関するお問い合わせはこちらから

    シェアリングCFO®登録者例(一部)

    N.W (49歳)
    京都大学法学部卒業後、ゴールドマン・サックス証券投資銀行部門を経て、KKR入社。その後、自身で法人を設立して売却。投資先と自身の法人にて事業計画の策定、M&A(Buy sideとSell side両面のソーシング〜エグゼキューション)、現在は複数企業の外部CFOとして活躍するかたわら、エンジェル投資家としても活動中。
    K.S (38歳)
    コロンビア大学MBA。東京大学法学部卒業後、SMBC日興証券投資銀行本部に入社。優先株や転換社債を用いて海外市場から資金調達を実施。グローバル・オークションを通じた特定事業の売却を実現。また、日系大手製造業の海外同業他社へ、出資を前提とした経営再建に成功。現在は、自身が設立したコンサルティング会社を経営。
    A.T (29歳)
    早稲田大学商学部卒業後、あずさ監査法人にてIPO監査を担当。2017年よりベンチャー企業CFOに着任。資金調達の実施(シリーズAまで)、事業計画の策定(金融機関および投資家向け)、資本政策の立案等を担当。他にも事業売却、MBOによる部門の切り離し、人事関連業務(採用・規定類の作成)など、CFOとして幅広い業務を経験。
    さらに読み込む
    K.F (45歳)
    同志社大学経済学部卒業後、監査法人トーマツ、クレディ・スイス証券を経て日系大手IT企業に入社。海外子会社3社のCFOを歴任。資金調達(優先株、CB発行)、経営再建(大型事業再生ADR)、M&A(150億円規模の案件を主導)、海外企業とのJV立ち上げを実施、投資先企業のグローバル・オファリングを複数件担当。
    S.Y (34歳)
    上智大学経営学部卒業後、PwCあらた監査法人にて会計監査に従事。その後、2社のベンチャー企業CFOを経験。社内外向けの事業計画書の作成、創業ファイナンスから上場前の資本政策、IPO準備(監査法人、証券会社選定および対応)、M&A対応(子会社・事業売却、事業買収)、人事関連業務(採用、人事制度構築)を担当。
    Y.K (28歳)
    一橋大学商学部卒業後、デロイトトーマツフィナンシャルアドバイザリー入社。日系大手製造業の海外同業他社買収案件を担当。2017年よりベンチャー企業CFO兼COO着任。優先株・転換社債を用いた資金調達、事業計画の作成、事業計画からブレイクダウンしたKPIの設定と管理、人事制度構築、インターンおよび正社員採用に従事。
    M.U (47歳)
    大阪大学経済学部卒業後、PwCコンサルティングを経て、日系メガベンチャーの経営企画を担当。その後、ベンチャーCFOを経験し、自身のコンサル会社を設立。プレシリーズA〜上場までの資金調達、IPO準備(監査法人、証券会社の選定と対応)、PMI対応(経理財務面の整理)、JV組成(日系大手IT企業等、複数社とのJV)を経験。
    T.S (36歳)
    慶應義塾大学商学部卒業後、EY新日本監査法人、日系メガベンチャーの財務部門を経て、ベンチャーCFOに着任。シード〜シリーズCまでの資金調達実施、投資家または金融機関向けの事業計画策定、内部統制構築(リスク評価、統制活動、モニタリング)、IPO対応(監査法人、証券会社選定および対応)、事業買収・売却の両面を経験。
    K.N (35歳)
    東京大学理学部卒業後、J.P.モルガン証券投資銀行本部に入社。その後、KPMG FASを経て、ベインキャピタル入社。実績として、エクイティによる資金調達45件以上。800億円超のグローバルIPOを主導。クロスボーダー案件を含めてのべ20件以上のM&Aを実施。投資先にて、事業計画立案、KPI設定から管理まで担当。